2007年04月27日

国会は学級崩壊状態

 国会で森元首相と小泉前首相が、私語(ダイエット談義)に熱中するあまり議事の流れがつかめず、民主党案に賛成起立したというなんともお粗末な事件。
 ホームルーム中に先生や学級委員長の話も聞かずにくっちゃべってる児童生徒と変わりませんな。やる気ないならバッジをおいて廊下に立ってて欲しいものです。
 安倍さんや河野さんはどうするのでしょう。首相経験者とはいえ、厳重注意くらいはしてくれるのでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000104-mai-pol
<民主案に「賛成」>森、小泉氏、ダイエット論議に熱中し
4月26日19時51分配信 毎日新聞


 26日の衆院本会議で、自民党の森喜朗元首相と小泉純一郎前首相がダイエット論議に熱中のあまり、民主党提出法案に「賛成」してしまうハプニングがあった。民主党議員から「ありがとう」との声が飛ぶ一方、与党席には苦笑いが広がった。
 両氏は隣同士で議場最後列に陣取る。「体重が100キロを切った」と森氏が今年始めから取り組んだダイエットの成果を披露したところ、小泉氏は「私は初めて60キロを超えた。森さんの肉がこっちに来た」と応じた。
 2人で笑い合っていたところ、河野洋平衆院議長が採決を宣言。2人は政府案と勘違いしてあわてて起立したが、実は政府提出の雇用対策法改正案に対する民主党の対案だった。
 衆院事務局によると、起立採決は事前に会派としての賛否を決めるため、記録上は自民党は民主案に全員が反対となる。民主案は否決され、その直後に可決された政府案の採決で、2人は再び起立した。【野口武則】
posted by 霧生 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースを追う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。